半分のカーテン
0
    子ども部屋のレースのカーテンを買ったのだけど、寸法を間違えてしまい、表のカーテンから盛大にはみ出てしまう。返品交換もできないので、家で丈を上げることにした。そんなわけで、暑い中ふうふう言いながらアイロン作業中です。


    カーテンで思い出すのは、学生時代に住んでいた女子寮のこと。
    入居してきた当初、カーテンを買うお金がなくて、カーテンがない部屋に住んでいたら、同じ寮に住んでいた○子がカーテンを半分わけてくれた。「半分」というのは、2枚で1組の、そのうちの1枚ということ。つまり窓半分の分。
    窓の中央にそれをかけておけば、まあまあ問題はなかった(と思う)。当時は惨めとも思わなかったけれど、それは若かったからかしらん。今はもっといろいろ考えてしまいそう。

    ちなみに、この年季の入ったアイロン台は、実家にあったやつで、かれこれ50年モノではないかしら。
    今どき、ないよねえ、こういうの。アマゾンやイケアで買おうとしたら、もっとクールでかっこいいやつばかりだもの。
    クマちゃんといっしょにMY FRIENDってプリントされていて、それがちょっと泣けてくる感じ。壊れない限り、死ぬまで使い続けることなりそうな……。なにしろMY FRIENDだからね。

    | anomom_s | - | 21:39 | comments(0) | - |