【イマココ日記】2019年9月6日〜9月10日

〇2019年9月6日 金曜日
家事Bセット。午前中パート。
午後、歯医者の定期健診。
歯石を取ってもらいに行く。

衛生士さんは、松本穂香に似た感じのかわいい人。
はやりの丸いメガネをかけていて、メガネの奥の目も完璧なアイメイクがされている。
(メガネをはずさないと、アイメイクはできない。
でも、メガネをはずすと当然ながら、あまり見えないので、メイクもしずらい。
メガネなしでよく完璧なアイメイクができるなあ……というのが、いつも謎です)

それはさておき、その松本穂香似の衛生士さんに、
「歯医者、苦手ですか?」とズバリと聞かれた。
伝わりましたか? すみません、苦手です。怖くて怖くて……。
衛生士さんは、カルテをパラパラとめくりながら、
「でも、ずいぶん長いこと通っていて、エライですねえ」。
子どもに言うように褒めてくれるので、何だか恥ずかしかった。
そして、そのあと、
「実は、虫歯が2本見つかってしまいました……」と申し訳なさそうに告げられる。

虫歯! おまけに2本も! 
軽く絶望する。←イマココ

〇2019年9月7日 土曜日
本日もパート。
あわや大事故、というようなミスが続き、ヒヤヒヤしながら終了。

晩御飯は、チャプチェと、マグロのやまかけ←イマココ

〇2019年9月8日 日曜日
パートは休み。
昼頃に恒例の買い出しに。

お茶、米、ナス、レタス、トマト、梨、大葉、ハマチの刺身、アジのタタキ、牛肉、豚肉、鶏肉、牛乳、野菜ジュース、木綿豆腐、卵など。

台風15号が関東地方を直撃するとの予報だったので、次男の防水靴と防水スプレーも買う。
停電に備えて、米4合を炊き、食パン1斤焼き、風呂に水を貯めた。


読みかけになっていた『招かれざる客には冷たいスープを』読了。
前のページに何回も戻りながら読んだので、時間がかかった。
読みかけの本を読み切るほうが、サラの本を1冊読むよりも逆に時間がかかる。


晩御飯は、海鮮丼、キャベツとモヤシと油揚げの味噌汁。←イマココ

〇2019年9月9日 月曜日
予報通り、夜半から強い雨風。
一夜明けると、あちこちで停電や断水の被害が出ているようだった。
JRも止まっているので、オトーサンは出勤できず。
台風の混乱のため、長男の自動車学校も休講。
ただ中学校だけは通常授業とのことで、次男は怒りをたぎらせながら登校していった。
先生達は市外の人も多いだろうに、よく登校できたなあ(と思っていたら、来られなかった先生もいたようだった)


午後からパートに行く。
今日も、ミス多し。気を付けようと思っていても、ミスしてしまうのはなぜなのか。
ピアノも、弾けども弾けども、ピンと来ず。


楢山芙二夫『冬は罠をしかける』を読了。
1970年代のアメリカの雰囲気が漂うハードボイルドだった。
ただし、ストーリーは途中で腰砕けの印象がある。

晩御飯は、特盛ゴーヤチャンプルー。←イマココ

〇2019年9月10日 火曜日
パートは休み。たかだか3時間半の勤務とはいえ、あるのとないのでは大違いで、気持ちがまず違う。
そのせいかどうか、朝から手の込んだ弁当を2つ作り(オトーサンと次男の分)、家事Aセット(お風呂掃除、トイレ掃除、掃除機かけ、洗濯物)。
今日は、マットと、タオルも洗ったので、計3回洗濯機を回した。
さらに、かんかん照りの中、駆け込みで婦人科にも行き、
昼ご飯に、ホットツナサンドとパスタ、サラダまで作った。

晩御飯は、ポテトサラダ、焼肉、オクラのお浸し、トロロ芋。
せっかくの休みなのに、間違って頑張りスイッチが入ってしまったみたいな一日。


読みかけだった清水潔『殺人犯はそこにいる』を読了。
読みかけを読み切るほうが、時間がかかる。

続いて、M.C.ビートンの『アガサ・レーズンと七人の嫌な女』を読み始める。
以前、アガサ・レーズン・シリーズの1作目を読んだときはピンとこなかったのだけど、今回の12作目は面白い。←イマココ

コメント