【イマココ日記】 2019年7月2日

家事Bセット。オトーサンを駅まで送っていき、ピアノ1時間弾く。
風邪で体がしんどい。


しまむらで買ったスカート2枚の丈が長くて、どうにも格好が悪いので、自分で裾上げをすることにした。

とはいえ、裁縫は苦手なこと十指に入るので、いろいろ、いろいろ大変だった。
数時間かかって、やっとギャザースカート1枚の表地と裏地の裾上げが終了。手縫いのがたがたの縫い目なのだけど、これ以上は頑張れないし、とりあえず用は足してくれそう。

スカートの裾といえば、高校時代の同級生のN子はハーフ風の美女だったけれど、おおざっぱな性格で、スカートの裾がほつれるとホチキスで止めていた。「スカートの裾はまつり縫いで縫うべし!」と思っていた几帳面な乙女座の自分には、バチンバチンとホチキスで止める様子が衝撃的だった。

おおざっぱなN子はホチキスでも平気。几帳面な乙女座も、ホチキスのスカートをはいていると、いろいろどうでもよくなるのかしらん。ともあれ、均等なミシン目の服を着ているのと、手縫いの服を着ているのでは、メンタルにじんわりと影響がありそうな気がする。手縫いは、ミシン目の服より、肩の力が抜けそうだ。「手縫いでつくる服」の本を作ったら売れないかなあ。

もう1枚のスカートは、丈を10センチ切ったまではいいのだけど、その先が何だかやっかいなことになってしまったので、保留。


髪の毛がいい加減うっとうしくなったので、今日は頑張りついでに美容院も行くことにした。
苦手なことをするには、できる限り、他の要素のハードルをさげたほうがいい。最近通っていた駅向こうの美容室はやめて、ごくごく近所の店に行くことにした。これが思いのほかアタリで、カットが上手な美容師さんだった。いまどきのイケメン風じゃないのも、助かる。ムダに緊張しちゃうので。


晩御飯は、鮭の塩焼き、キャベツと油揚げの味噌汁、トマト。
オトーサンを迎えに行ったあとは、もう翻訳をする気力がわかず、そのままダウン。←イマココ
コメント