【イマココ日記】2019年6月14日

本日はお弁当3個、おにぎり1個。
家事Bセット(トイレ掃除、掃除機かけ、洗濯物)。ピアノ1時間弾いて、例の<暇で大変なお仕事>へ。
自転車をこいでいる途中で、スマホを忘れたことに気が付いたのだけど、取りに戻る時間がなかったので、そのまま出勤。
洗濯物も干す時間がなかったので、長男に頼む。花の水やりも。


(暇な)仕事をしていて思うのだけど、世の中には世間話がうまいおばさん、というのがいて、誰とでも、当たり障りない会話を続けることができる。才能だなあと思う。一緒に働いているおばさんたちは、そういう人たち。でも、私はまったくできない。嫌いじゃないけど、できない。
ふうん、そうなんだ〜と、話を聞いているのが好きなのだ。でも、相手はリアクションを待っている。そこへもってきて、私のリアクションときたら「そうなんですかぁ〜」の一択なので、物足りなさそう。


一緒に働いているおばさんAは、私の悩みに対して、相手の言葉を繰り返すといい、とアドバイスしてくれる。
「鎌倉に不動産をもっていてね」
「鎌倉に不動産をもっているんですね〜」
「ずっと資産を運用しているから、それなりの金額になっているの」
「ずっと資産を運用しているから、それなりの金額になっているんですね〜」
てな具合だそうだ。
情報量がまったく増えない。でもそれでいいらしい。←イマココ
コメント