英検その後

えーと、先週の日曜日に英検がありまして、やはり、というか当然というか、全然できませんでした。まぐれを期待してマークしたところも、ことごとく全部ハズレたという。神様が見ていたんでしょうかね?

受験するのやめちゃいたいなあと思っていたのですが、そこはまあ、自分で決めたことだし、キチンとやろうと。受けただけでも偉いのです、自分的には。

さて、なぜに、こんなに苦手なのにまた英検を受けたのか。
(すごく個人的な話なので、興味のない方はもう読むをやめちゃってOKです)

私はすごく好きな翻訳家の方がいて、その人が講義を持っている翻訳スクールで翻訳の勉強をしてみたいと思っているのです。
ただ、場所は赤坂で、時間は夜から。
神奈川の片田舎に住んでいて、子どももまだ小学生の私が通うのは無理なのです。
じゃあ、せめて通信でもいいので勉強したい。でも、自分というヤツに信用がおけないので、続けられるか自信がない。

そこで、準1級取るということを課してみたわけです。
これができるなら、通信でも余裕をもって勉強できるだろう、と。
でも、今回の出来を見る限り、合格するまでにはあと10年ぐらいかかりそうな気がしてきましたよ。その頃には、翻訳スクールの先生も変わってしまいそうです。

コメント