A simple story of a dog


A family got a puppy.
一匹の子犬が ある家族のところにやってきました


She was mischievous.
子犬はとてもいたずら好きでした


She chewed the carpet and furniture,
カーペットや家具をかんだり


and broke the kids' toys.
おもちゃをこわしたりしました

She was stubborn,
おまけに がんこで


and often became sulky.
よくすねました


However, family loved her,
そんな子犬でしたが、
家族には、とてもたいせつでした


and she loved them.
子犬も家族といるのが好きでした








If someone was sad,
she comforted.
だれかが元気をなくしていると、なぐさめたり


If someone came home late,
she worried.
家族の帰りが遅いと、心配になったりしました



As time passed, the puppy became old.
She slept all day long.
やがて、子犬は年をとり、
寝ている時間が長くなりました




Finally, on a mild spring day,
she passed away quietly as slept.
そして、おだやかな春の日、
眠ったまま静かに旅立っていきました

The family was sad and wept for days and days.
家族は悲しくて、何日も何日も泣きました


The puppy was neither clever nor famous,
but she left a lot of gentle memories.
子犬は、かしこくもなく、有名でもなかったけれど
たくさんの優しい思い出を残しました

コメント